援交掲示板を利用する為の必要条件となるのは隠語ですが、その隠語を上手く活用する事ができるようになれば自然と好みのタイプの相手を探しやすくなるので、隠語について詳しく知っておきましょう。援交掲示板の内容のほとんどは隠語での会話が主となっているので、少女から直接隠語について学ぶほうがより手っ取り早く隠語を知る事ができるし、また携帯でネットを見るよりもマニアックな隠語を知るきっかけになったり、あまりネット上では知られていない最新の隠語についても少女達からだと聞く事が出来るので、援交掲示板に限らず隠語を知るためだけに出会い系サイトで少女達と出会い隠語について聞いてみるのもいいかと思います。

援助交際はそもそもやってはいけない行為なので、サイバー補導員の目もかなり厳しくなりバレてしまうと厳重な注意をされてしまったり、また常習犯にたいしては罰せられてしまう事もあったりするので援助交際をする際には男性も女性も警戒する為には隠語を上手く取り入れて出会いを探すようにして下さい。

今どきの隠語事情

隠語は昔からネットを利用している人にとっては当り前に使われている言葉でしたが、最近では影で行われている援助交際のやりとりに頻繁に使われているようになっている事から隠語自体のイメージがあまり良い印象を受けていません。援助交際自体の呼び方もネット売春と分かりやすい呼び方をする場合もありますが、その理由も援助交際と呼ばれるイメージが未成年のイメージが強かったからなのです。

これまでの援助交際と言えば未成年の少女らが男性からお金を貰ってセックスをすると言った内容でしたが、最近では未成年だけに限らず主婦がネットカフェなどを利用して援助交際の相手を探していると言った光景もよくあります。主婦にとって携帯での神待ちは家族にバレてしまうリスクがあるので、ネットカフェでランチをしながら神待ちをしているというケースが多いのです。なので隠語は少女だけに限らず、主婦にとっても利用しなくてはいけない言葉でもあるので、もしかすると貴方自身よりも奥さんのほうが隠語について詳しかったりするかもしれませんよ。

家出掲示板を利用している事を表現する隠語は「神待ち」と呼ばれる隠語で表現されていて、既に知っている人もいると思いますが家出掲示板を利用している女性にとって男性は神のような存在となっているのです。最近の若い子は何でも何かにつけて「神」と呼ぶクセがあるので、援助をしてくれる男性は生活に困っている自分たちにとってはありえないほどの神だと思っています。

隠語とは単純に字の表し方によって見る角度を変えて読む事もありますが、男性=神と呼ぶような、表現を変えて使う隠語の利用方法もあるので、そのような隠語の数も合わせると数え切れないほどの隠語の数です。なので全ての隠語をマスターするのはかなり時間がかかると思うので、まずは定番の隠語からマスターするようにしましょう。

援助交際は隠語を知らなくては交際へと発展したり、待ち合わせ場所も決めるのも難しくなってきたりするので、掲示板を利用する際には隠語は絶対に必要となってくる言葉ですが、もし実際に利用している最中に分からない隠語が利用されてきた場合にはネットで検索すればすぐにその隠語の意味が出てくると思うので、分からない隠語が使われたとしても焦らずに別のネットから検索して調べてみましょう。

とくに最近はサイバー補導が厳重になっているので、相手が未成年の少女ともなるとかなり慎重に約束事をしてこようとするので男性はそれに着いて来れるような状態でなければいけません。とくに少女のほうから待ち合わせ場所や金額指定をしてくる場合には相手がもしかすると警察官ではないかと言う疑いから、わざと難しい隠語を使い分かりづらくしてくる事があるので、できるだけ多くの隠語をマスターしておくと援助交際もスムーズに行うができるでしょう。

地域、金額、年齢などとりあえずこの3つの隠語をいくつかマスターしていれば家出掲示板を使いこなす事はできます。